スムージーでアレルギー症状が緩和される?!

スムージーでアレルギー反応が現れる人がいます。

野菜と果物を水やジュースと混ぜ合わせた飲み物をグリーンスムージーといいますが、これは薬ではありませんので、飲み始めてすぐに効果を実感できるというものではありません。

生からのものしか摂れない酵素や、デトックス効果などから体質が改善される効果が高く得られますが、最低でも2~3ヶ月の間飲み続けて少しずつ効果を実感してくる人が多いです。それまでの食生活や体質などから個人差があることなので、飲み始めて短期間で効果を実感できる人や、反対に何か月飲んでもあまり効果を実感できない人もいます。しかし野菜と果物の組み合わせを毎日摂ることは体にとって良いことです。

とは言うものの、スムージーを毎日飲み続けることでアレルギー症状が現れる場合があります。

一般的に知られているアレルギー症状といいますと、摂取して数分から数時間以内に発疹や痒み、重度の場合ショック状態になることもあります。この場合は原因となる材料が特定しやすいのですが、アレルギーには遅延型というものもありまして、これは摂取して数日経ってから症状が現れるというものです。この場合、原因となるものの特定が難しくなります。またアレルギーというものは体質的なものもありますが、今までは大丈夫だったのに急に症状が出るということも珍しくありません。花粉症がわかりやすく、去年までは平気だったのに今年からなったというように、突然起こるのです。突然と表現しましたが、実は突然ではなく個人個人にコップのようなものがあり、それが満タンにたったところでアレルギー症状がでるのです。ですから、花粉症を例に挙げていますが、アレルゲンに対する許容量がそれぞれあり、それを超えると症状が現れます。許容量が少ない人は早い段階で症状が出るでしょうし、反対に許容量のコップが大きい一は症状が出るまでに時間がかかったり、或いは症状が出ないわけです。

なにが言いたいのかと申しますと、スムージーは毎日飲むことで美容・健康・ダイエットに効果が得られるものである反面、毎日なので、ご自分では知らないアレルゲンを毎日少しずつではあるものの摂ってしまっているかもしれないということです。数日に1回程度の摂取ならば問題ない程度のアレルゲンでも毎日摂ることで蓄積されていきアレルギー症状が出ることがあるということです。これを避けるために毎日同じレシピではなく、数種類のレシピはあった方が無難です。また、このようなトラブルから回避できるよう始めは少量からが無難です。様子をみながら自分に合う食材と合わない食材を見極めていくことが大切です。

最近は、飲みすぎも注意が必要で、肝臓を労るためにしじみ習慣という商品がオススメです。こちらもご参考に健康に気をつけてください。