スムージー デメリット

スムージーは手軽に野菜や果物を摂取でき、ダイエットや美容、健康に効果的で飲まれている方がたくさんいらっしゃると思いますが、デメリットもあるのはご存知でしょうか?

それは、スムージーで摂取した野菜や果物の全ての栄養が体内に吸収するわけではないのです。なぜかと言いますと、スムージーは、食事に大切な咀嚼(そしゃく)をしないで飲みこむからです。この咀嚼は体内で栄養を吸収するためとても大切な役割を果たしているのです。しっかりかむことで、唾液が分泌され、そこに含まれる酵素が栄養を分解し、スムーズに消化吸収されるのです。けれども、スムージーだと唾液があまり分泌されないため栄養素が分解されにくくなり、体内でうまく吸収されないこともあるのです。

もう一つのデメリットは、スムージーがよく冷えていることにあります。

スムージーには氷や果物を凍らせたものを入れたりするのですが、冷たい飲み物は身体を冷やしてしまうのです。

ですので、なるべく冷えてない常温のお水を加えて作ることで冷え対策になります。

けれども、スムージーにはデメリットだけではなく、余分な油や塩分がカットできるというメリットもありますし、不足しがちなビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、それらの栄養が不足している時に飲むのも効果的です。

デメリットを無くす素晴らしい商品がナチュラルヘルシースタンダード 口コミです!

みなさんも、飲まれてみてはいかがでしょうか?

スムージーでアレルギー症状が緩和される?!

スムージーでアレルギー反応が現れる人がいます。

野菜と果物を水やジュースと混ぜ合わせた飲み物をグリーンスムージーといいますが、これは薬ではありませんので、飲み始めてすぐに効果を実感できるというものではありません。

生からのものしか摂れない酵素や、デトックス効果などから体質が改善される効果が高く得られますが、最低でも2~3ヶ月の間飲み続けて少しずつ効果を実感してくる人が多いです。それまでの食生活や体質などから個人差があることなので、飲み始めて短期間で効果を実感できる人や、反対に何か月飲んでもあまり効果を実感できない人もいます。しかし野菜と果物の組み合わせを毎日摂ることは体にとって良いことです。

とは言うものの、スムージーを毎日飲み続けることでアレルギー症状が現れる場合があります。

一般的に知られているアレルギー症状といいますと、摂取して数分から数時間以内に発疹や痒み、重度の場合ショック状態になることもあります。この場合は原因となる材料が特定しやすいのですが、アレルギーには遅延型というものもありまして、これは摂取して数日経ってから症状が現れるというものです。この場合、原因となるものの特定が難しくなります。またアレルギーというものは体質的なものもありますが、今までは大丈夫だったのに急に症状が出るということも珍しくありません。花粉症がわかりやすく、去年までは平気だったのに今年からなったというように、突然起こるのです。突然と表現しましたが、実は突然ではなく個人個人にコップのようなものがあり、それが満タンにたったところでアレルギー症状がでるのです。ですから、花粉症を例に挙げていますが、アレルゲンに対する許容量がそれぞれあり、それを超えると症状が現れます。許容量が少ない人は早い段階で症状が出るでしょうし、反対に許容量のコップが大きい一は症状が出るまでに時間がかかったり、或いは症状が出ないわけです。

なにが言いたいのかと申しますと、スムージーは毎日飲むことで美容・健康・ダイエットに効果が得られるものである反面、毎日なので、ご自分では知らないアレルゲンを毎日少しずつではあるものの摂ってしまっているかもしれないということです。数日に1回程度の摂取ならば問題ない程度のアレルゲンでも毎日摂ることで蓄積されていきアレルギー症状が出ることがあるということです。これを避けるために毎日同じレシピではなく、数種類のレシピはあった方が無難です。また、このようなトラブルから回避できるよう始めは少量からが無難です。様子をみながら自分に合う食材と合わない食材を見極めていくことが大切です。

最近は、飲みすぎも注意が必要で、肝臓を労るためにしじみ習慣という商品がオススメです。こちらもご参考に健康に気をつけてください。

どんなハズレのフルーツも美味しく飲めるミラクルスムージー

旬のフルーツは栄養も豊富でおいしいですよね。
消費税も上がり、家計のやりくりにも旬の果物は安く手に入るのでたすかります。

しかし、安い時にたくさん買っても食べきれずに、気がついたらしわしわになってしまったり、傷み始めていたりすることも。

私も冬の間に大きな箱でまとめ買いしたりんごが、いつのまにかフレッシュさを失いかけていることを発見したことがあります。
その時にはもう生で食べるには抵抗のある状態でした。

そこで、スムージーという最強レシピの出番です。

まずは痛み始めたりんごの皮をむき、適当な大きさに切ったら保存容器かバッグに入れて冷凍庫へ。
私は大量に冷凍りんごを作りました。10個分くらいかな。

美味しくないフルーツや、旬を過ぎた果物なら何でもこの手がつかえそうです。

凍ったリンゴと牛乳を1:1くらいの割合で、ミキサーに入れたら美味しいリンゴスムージーのできあがりです。

私は大量に冷凍りんごがあったので、

牛乳に飽きたときは、
代わりに
バナナミルク(コンビニなどで売っている紙パックのもの)に板チョコレート
で、アップルバナナスムージーWITHチョコチップ
とか、
 
いろんなヴァリエーションで美味しくいただきました。

食物繊維もたっぷりで、美味しく元気になれるスムージー大好きです。

子供用のオヤツにスムージー作り。

子供が食べる物は健康に良いものを取入れたいですよね!

自然タップリ、栄養も十分にとれるスムージーはとても美味しいですよ。ミキサーにバナナ、リンゴ、苺、人参などお野菜や果物を入れて簡単に作っているので美味しいですし、手軽に栄養が取れるので便利ですね。

バナナ、苺など細かくカットして冷凍しておくとスムージー作りをする際には便利なんですよね!ジュースを買って飲むより美味しいので、よくスムージー作りはしています。子供も好きで栄養価も高く、美味しいですし、簡単に作れるのでスムージーを頻繁に作ってます。野菜も一緒に入れると、スムージーで飲むのでナカナカ良いですよ。

スムージーは飲みやすいのでとても良いですね。

酵素もタップリ含んでいるので体に良いし、子供も好んで飲むので上手に野菜も補っています。

インターネットで検索すると色んなスムージー作りが紹介されているので検索してみるのも良いでしょう。

体調にあわせてスムージー作りができるので、ちょっと風邪気味だな〜って時には生姜と蜂蜜、リンゴなどを入れてスムージーを作っています。

朝のスムージーでお腹すっきり

スムージーって、野菜が驚くほどとれますね。
私は朝は、コーヒーとパンでした。ときどきサラダを食べましたが野菜が少なかったです。
なので、ずっと便秘でおなかがぽっこり。
20代のころに履いていた、ジーンズがきつくなっていました。
それが、3か月の朝のスムージー生活で、おなかすっきりで便秘も改善しました。
野菜は必ず入れますが、野菜だけだと美味しさがちょっとたりないので果物もいれました。
使ったのは、バナナ、りんご、オレンジが多いです。
ベースは豆乳にしました。
牛乳でもいいのですが、豆乳のほうが大豆インフラボンが入っているので女性ホルモンが増えるんですよ。
夏は、スイカでもいいですね。
野菜は、にんじん、ほうれんそう、小松菜が中心です。
私が好きなモデルのSHIHOさんも、スムージで産後ダイエットに成功しました。
バナナを入れると、満腹感もあるのでよけいなものを食べなくてもいいんです。
一人暮らしの男性の方にも、人気ですね。
野菜不足になると、生活習慣病にもよくないので、積極的に取りたいです。
ミキサーを洗うのがちょっと面倒なのですが、美肌とダイエットのためにはいいですよ。

フルーツを凍らせて、お手軽にスムージー生活

スムージーをご存知ですか。
フルーツや野菜を凍らせて、牛乳などを入れてミキサーで作るドリンクです。
手作り出来るので、自分の好きな材料で作れるのが手軽でいいところですね。
また、はちみつなどを使って甘味の調節も出来ます。サラダなどで野菜を食べるよりも
ドリンクにした方が時間がない時はとりやすいです。
満腹感もあるので、朝はスムージーだけで済ませることもありますね。
わたしの場合は、フルーツで作ることが多いです。バナナは冷凍庫に常備してるんです。
牛乳と冷凍バナナだけで作るシンプルなスムージーですが、市販の青汁を加えたりすることも
あります。青汁は人によってはクセがあって苦手な方もいると思いますが
スムージーに加えるとクセもあまり感じずに美味しく飲めるんですよ。
最近、夫の実家から冷凍のブルーベリーをいただきました。今はこのブルーベリーとハチミツで
スムージーを作っています。
好き嫌いが多い夫もこのスムージーだけはお気に入りで毎日のように飲んでいます。
これからはフルーツだけではなく、野菜のスムージーにも挑戦してみようかなと思っています。

グリーンスムージー

私のお気に入りのグリーンスムージーのレシピを紹介します。
材料は小松菜1束、キウイ1個、りんご半分、バナナ1本、水50mlです。
今まで色々なスムージーを試しましたが、この材料が一番飲みやすく見た目もきれいです!
実は私バナナが嫌いでした。ですが、グリーンスムージーのグリーンの青臭さをバナナが飲みやすくすると聞いてバナナをいれてみました。バナナは常温でいれると正直バナナの味が結構したので、バナナを冷凍したものをいれてみました。冷たいとあまりバナナの味やにおいがかんじられませんでした。そして、青臭さもなくかなり飲みやすいです。私はこのグリーンスムージーを朝食として置き換えました。満腹感もあるので苦痛ではありませんでした。朝食が少ないので便秘にならないか不安でしたが、生の果物や野菜の酵素をしっかりと摂取出来るので便秘にはならず、ダイエット効果もありました!中でも私が一番効果を感じたのがむくみ解消でした。グリーンスムージーを飲み始めてからトイレが近くなりいらない水分や毒素をしっかり外に出せている感じがしました。足もやわらかくなって脂肪が落としやすくなり体重だけでなく、足も細くなりました!

我が家で飲まれているグリーンスムージー

最近、健康を意識して、簡単に野菜とフルーツを摂取できるので、朝にグリーンスムージーを度々作っています。

材料は、冷凍したバナナ1本、あればリンゴ半分、その時に冷蔵庫に入っている葉物野菜を使います。

ミキサーを使って、硬いものから順番に入れます。 リンゴ→バナナ→野菜
野菜はレタスや、ほうれん草(我が家では冷凍している)、水菜、きゃべつなどを使っています。
水を150CC位と甘さが足りなそうだったら、はちみつを足します。
ミキサーでスイッチオン、途中、りんごが詰まったりして、ミキサーが回らない時は、箸を使って、中の引っ掛かりを取ったりしながら、
数秒間かけると、美味しいグリーンスムージーが出来上がります。

前日食べ過ぎて、翌朝食欲がわかないときとか、食事代わりにグリーンスムージーだけ飲む時があります。
主人は和食の朝食なので、その時も一緒にグリーンスムージーを美味しい美味しいと飲んでくれます。

ポイントはバナナとリンゴを入れると甘くて飲みやすいです。
リンゴの代わりに、水を入れないで、リンゴジュースでもOKです。

簡単なので、ぜひ、グリーンスムージーをお試しあれ!!

スムージーは美味しくてアレンジも色々!

スムージーというと、頭に思い浮かぶのは今話題のグリーンスムージーです。
グリーンスムージーは栄養もたっぷりでダイエット効果も高いのでおすすめですよね。
ですが、野菜があまり好きではな買ったり、野菜によっては少し飲みにくく感じるものもあります。
スムージーはグリーンスムージーばかりではありません。
果物だけのスムージーもたくさんあります。
工夫次第で色々なスムージーを作ることができるのです。
例えばブルーベリーとイチゴ、バナナで作ったスムージーは食物繊維たっぷり、ビタミンCも取れます。
美味しくてしかもダイエット効果や美肌効果もあるのです。
またオレンジと人参、レモン汁を入れたスムージーもビタミンたっぷりで美肌効果抜群のスムージーです。
果物だけのスムージーなら飲みやすく、しかも美味しいので野菜が苦手な人でも安心ですね。
ただ糖分がありますので、あまり飲みすぎないように気をつけてください。
隠し味程度に野菜を入れると、苦手な人でも野菜の味を気にせずに飲めることができるのでおすすめです。
色んなオリジナルレシピを作って自分に合ったスムージーを見つけると楽しく続けられます。
スムージーは長く飲み続けることで効果が現れてくるので、楽しみながら続けることが1番ですね。